今日は地元の幼稚園の歯科検診に行ってきました。

みんなとても上手にお口を開けてくれたのでとてもスムーズに検診を終えることができました。

今回の検診では虫歯のある子は少なくなってきましたが、代わりに歯並びに問題のある子が半数上いました。その中でも早い時期から治療が必要な子も何人かいると感じました。

 

子どもの歯は大人の歯に比べると小さいため、一見きれいに見えるようなすき間の無い歯並びは、大人の歯が萌えてきたときにスペースが足りずにガタガタになってしまいます。

そして、歯並びは見た目だけでなく様々な弊害を及ぼします。

 

子どものころの歯並び治療は、成長力を利用して行うことができるため取り外しのできる装置を使いながら、歯を抜かない治療に導く可能性を高めます。

また、小さい頃からお口の癖や姿勢を正すことで顔立ちにも良い影響を与えます。

 

坂詰歯科医院では歯並びだけでなく、顔立ちや全身を考えた治療を行っています。

歯科医師:松田祐理惠