お口と全身の健康の良き相談相手としての「かかりつけ歯科医」を目指し、 安心して納得できる患者さん中心の歯科医療を行っています。
投稿
  • HOME »
  • エンジェルスマイル

エンジェルスマイル

予防処置や虫歯治療だけでなく!

咬合育成のお手伝いをします

顔で一番目につくのは口元・目元

顔の成長は6歳までに80%が完了

歯並びが悪くなる原因の多くは“ 6才までの顎の成長不足 ”顔が成長するためには成長刺激が必要です。

正しく咬む事によって顔の骨に力が伝わりその刺激で成長するのです。

顔面筋肉

床矯正シール口元

顔で一番目につくのは口元・目元

原因を考え、歯の生え方、習癖、咬み方で、口元や顔貌が変わってしまう事を予防し、成長期の柔らかい骨格を正しい口腔育成の手助けをする事でキレイな口元を作ります。
口腔育成のお手伝いをします。

良い歯・良い歯並びそしてより良い顔貌を!

おかしいと気付いたら早めにご相談ください。
どんな重篤な疾患もすべて初期は軽い状態であり、早期発見・早期治療が大切です! エンゼルスマイルは幼少期が大事!  お子さんは成長中です。早期に手当てを!

そのかみ合わせ 放っておいたら大変なことに!

本来、かみ合わせは上の歯が下の歯より舌側にあります。

反対咬合

もし、かみ合わせが反対になっている時は要注意!

《反対咬合なにがいけないの?》

・顔つきがしゃくれた状態・ゆがんだ顔になる

・顎への負担が大きい

・噛みにくい

・発音がしにくい

 

3歳以降で受け口が自然に治るのはわずか6.4%

放っておくとどんどん悪くなってしまい、治療が複雑になってしまったり、状態によっては顎を切る手術が必要になる可能性もでてきます。

《いつから治療可能?》

受け口さんの治療は3歳頃から可能になります。反対咬合は遺伝性があると言われていますので、心当たりのある場合は早めに!

成長力が旺盛なうちに反対になった咬み合せを治すことで顔の成長方向を正しい方向へ誘導することができます。

早期初期治療はムーシールドプレオルソのような取り外し式の装置を使います(3歳から6歳)
前歯永久歯が萌出し、犬歯萌出前であれば、床矯正(上顎前方拡大装置等)を使います(10歳)

※乳幼児・幼稚園・学校歯科健診等で「様子を観ましょう!」と言われたら、お気軽にご相談下さい。

※受け口(反対咬合)は早期治療を!顔立ちに影響します。

 

*骨格性(顎骨が過成長した為の反対咬合)の可能性が想定できる場合は、歯列改善後も身体成長が終わるまでの経過観察が必要になります。

歯並びを悪くする悪習癖

悪習癖

 口呼吸

お口が開いていると顔の成長方向が下向きになり鼻の下が長い顔つきになってしまいます

 舌癖

舌が正しい位置や機能をもっていないと歯を不用意に動かしてしまいます

* 口唇癖

前歯が噛まなくなったり歯列をつぶし、永久歯のはえるスペースをなくしてしまいます 

 嚥下異常

舌癖同様に歯を動かす原因につながります

  食生活

よく噛まずに飲み込んでいると、お口の運動不足により顎がしっかり発育しません

指しゃぶり

小さい頃の指しゃぶりは成長に必要な運動になりますが、ダラダラと続くようだと出っ歯受け口の原因につながります

体癖

寝かた

うつぶせ寝・横向き・枕の位置により歯列がつぶれてしまいます

頬杖

頭の重さは5Kgあるので顎を押す癖により顔の歪みつぶれ引き起こします

姿勢

立ちかた・座りかたが歪んでいると口元の歪みにつながります
特に受け口の場合は注意が必要です

ゆびしゃぶり・おしゃぶりはいけないこと?

エンジェルスマイルになるために

花 本能は将来生きていくために必要なことばかり

指しゃぶりも必要だからこそ行っています。
なので無理にやめさせない事も大切です。
満足するまで行っていると2~3歳で自然とやめていきます。

花 おしゃぶり・指しゃぶりは何のため?

赤ちゃんがなんでも舐めるのは『唾液を出す』『舌の筋肉を作る』ため 舐めたり、咥えた刺激により唾液が湧き出し、お口の中をしっとりさせたり、飲み込む事で舌の筋肉を発達させます。

唾液が充分に出ないと、お口が乾燥すると風邪をひきやすいだけでなく、アトピーや花粉症、喘息などさまざまな病気を引き起こす原因にもなります。

花 きれいな歯並びにも関係が!

顎がうまく出来ないと歯並びが悪くなる原因になります。
顎は舌や噛んだ時の刺激によって成長します。
しかし舌の力がないと顎への刺激が不足し、顎の成長不足に繋がります。
なので生まれた時から舌を鍛えることが大切!
指しゃぶりはそのお手伝いをしてくれます。

きれいな歯並び

悪い癖の種類

食育(正しい食生活)・トレーニング
口をしっかり閉じましょう。歯並びに影響を与える口呼吸(ぽかん口)の改善

口が開いていると成長が下向きになって、鼻の下が長い顔つきになってしまいます。

頬づえやアゴを押すような癖はやめましょう

頭の重さは5kg(ボーリングの球くらいの重さ)くらいあり、アゴを押し付ける癖が有ると顔が曲がったり、つぶれてしまったりします。

指しゃぶり、唇や、爪を咬む癖

出っ歯や前歯がかみ合わなくなったりします。

舌の位置

下あごが前に出て受け口や開口になります。

舌癖(ぜつへき)とは?

歯を押すような癖を舌癖と言います

日頃、無心になって本を読んだり、テレビを見ているときに口をポカーンと開けて上下の歯の間に舌が出ていたり、飲み込むときに舌を突出し、歯を押すような癖を舌癖と言います。

私たちは無意識に1日600~2000回飲み込む動作(嚥下 えんげ)をしていますが、歯並びに悪い影響を与えない正しい飲み込み方は、唇を閉じて舌を上アゴにつけ、奥歯をかみしめ、ノドを使って飲み込みます。

舌癖のある人は、いつも舌が口の中の下の方や前の方にあり、歯を押し出しています。
そして飲み込むときには、さらに押し出す強い力が歯に加わります。
舌癖のある人はいつも口を開けているため、舌が内側から歯を押す力に対して、外側から押さえる唇や頬の筋肉に力がありません。

舌癖が原因で出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間が開いたり、上下の歯がかみ合わない歯並びになる事があります。
また、話をする時にのそ隙間に舌が入るため、サ行 タ行 ナ行 ラ行などが舌足らずな発音になることもあります。

舌癖の原因

  1. 口を開けて息をする
  2. 鼻・ノドの病気アレルギー性鼻炎、慢性鼻炎、蓄膿症、扁桃肥大、アデノイドなど
  3. 舌の裏のひも(舌小帯)が短い
  4. 指しゃぶり 歯に隙間ができ、舌が出やすい
  5. 遺伝 顔かたちにより舌癖の出やすい

トレーニングの目的

  1. 舌の筋肉の力を強くする
  2. 唇や頬、口のまわりの筋肉の力をつける
  3. 正しい位置の飲み込み方を覚える
  4. 普段の生活の中で、トレーニングで覚えた舌の位置や唇の状態を保ち、正しい飲み込み方を習慣にする。

舌癖はトレーニングによって改善します

PAGETOP
Copyright © 坂詰歯科医院 All Rights Reserved.