お口と全身の健康の良き相談相手としての「かかりつけ歯科医」を目指し、 安心して納得できる患者さん中心の歯科医療を行っています。
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • 歯並び

タグ : 歯並び

床矯正

 

デコボコの歯並びは顎がきちんと育たなかったために大人の歯が並ばなかった結果です。

なぜ歯並びが悪くなるの?(不正咬合には理由があります)

 

歯並びが悪いと何が悪いの?

 

床矯正は、大きな大人の歯が入る場所を作るために本来の顎の大きさに『顎を拡大し成長を助けてあげる治療』です。顎を広げるといっても、歯が植わっている歯槽骨を成長させる治療なので顔の横幅を広げるわけではありません。

また、顎の成長は無限ではありません。顎の横方向の成長が終わる目安は小学校の3年生です。それまでに大人の歯が並ぶための準備をすることが大切です。                              バイオロジカルトレーニングを同時に行います。

上顎拡大ファンタイプ下顎拡大装置 上顎床拡大装置

床矯正の特徴

 歯を抜かない治療への誘導

  • 顎を本来の大きさに広げ、できたスペースを利用し歯の並べるため、歯を抜くリスクを下げることができます。(乳歯列・混合歯列早期ですと非抜歯で矯正が可能です)

○ 取り外しができる

食事中や運動中、音楽の授業など必要に応じて外すことができます。

○ 歯磨き容易

装置が取り外せるので固定式の装置に比べ歯磨きがしやすい。

○ お口の状態にあわせて装置を作るオーダーメイド治療

個人のお口に合わせた装置で歯を動かしていきます。

○ 正しい顎の成長方向へ誘導できる

機能を整えることできれいな口元を育てます。

欠点

○ お子さんの協力が必要

入れている時間が短いと装置の効果が十分に発揮されなくなります

○ 歯の移動に限界がある

歯のねじれや回転など細かい調整には限界があります。
細かい調整を行う場合はワイヤーを用いた矯正が必要になります。

○ お口の型どりが必要

装置を作成するためにお口の型をとる必要があります。

その他の装置

お口の状態はお子さんによって様々ですので、歯並びの状態やその時の目的に合わせて以下のような装置を用いることもあります

○ 3Dリンガルアーチ

6歳3D 矯正装置臼歯のねじれを改善することでスペースを作り、歯の傾斜を改善することで舌の部屋を広げ呼吸のしやすい口へ導きます
取り外しのできない装置です。

○ 3Dクワドヘリックス

歯科矯正とは?

コンプレックスを解消することもできます

見た目(八重歯や出っ歯など)や機能(咬めない、話しづらいなど)に何らかの問題有る場合に歯並びを整える事でそれらの問題を改善します。

歯並びを整える事によって、お口の見え方に対するコンプレックスを解消することもできます。

原因

叢生(歯が重なり合って生えている)を例として話をすると、
歯を人、歯の並んでいるアゴの骨をイスとします。イスが大きければみんなが座りきる事ができます。
しかし、イスが狭かったらどうでしょう?
隣の人と肩がぶつかってしまいます。場合によっては座れない人も出てくるかもしれません
お口の中の顎(イス)と歯(人)のバランスが崩れてしまう事でデコボコの歯並びや隙間の空いた歯並びが出来てしまうのです。

また、普段の姿勢や頬杖などの習慣が歯並びを崩す原因にもなります

矯正をする時期

早い子ですと3歳くらいから矯正治療(受け口)が可能です。歯並びの状態や年齢によって治療を開始する時期は変わりますが、治療を始めるのに早すぎるということはありません。
歯並びに関して気になる事がありましたら一度相談することをお勧めします。治療開始時期により年齢に適した装置を使用します。
*ただし、お口の中に取り外し式の装置を入れる場合もあるので、お子様の協力が重要になってきます。

矯正装置の種類

取り外しできない矯正装置(ブラケット)バンド矯正

上顎拡大ファンタイプ

 

取り外し式の矯正装置  (床矯正・ビムラ―矯正・既成装置)
見えない矯正装置    (マウスピース矯正)反対咬合治療

予防(小児)矯正とは?

まだ乳歯が多く残っているうちに、取り外し式の装置やトレーニングによって大人の歯が出てきた時にきれいな歯並びになるように誘導してあげます。子供は成長という大きな可能性を秘めています。その可能性を生かして、より痛くない・抜かないで済む可能性を作るのが予防(小児)矯正です。口元

早期治療によるメリット

歯を抜かないで済む可能性が高くなり、ワイヤーを使って歯を動かす(取り外しのできない装置)時間が短くなります。
状態によってはワイヤーを使わずに終了することができます。

※矯正開始時期は、治療方針・治療法により各先生方に意見の相違があり、お悩みする方が多いと思います。ご相談下さい。適切なアドバイスをいたします。

矯正治療の流れ

カウンセリング

1.初診説明 矯正相談

気になる事をお話しください。
歯並びの状況を診て、治療法などの相談をさせていただきます。

2.精密検査

治療の計画をたてるために必要な検査を行います

レントゲン写真

  • パノラマ:歯が何本あるか、骨の中に隠れている異常がないかなどを確認します。
  • セファロ:骨格・歯の角度 や成長の傾向を分析。
  • 歯列模型診断:歯の大きさ、かみ合わせを確認します。
  • 顔面・口腔内写真:現状の確認をします。

    CT/セファロ

    矯正規格写真

セファロ

3.診断

検査をもとに現在の状態・問題点を診断します。

4.検査結果・治療方針説明

検査結果をふまえて、具体的な治療法をお話しします。

矯正治療

1.矯正治療開始

歯並びを崩す原因となる態癖・姿勢についても指導していきます。

2.保定(メンテナンス)

矯正で移動させた歯は、装置をはずすと元に戻ろうとします。
なので、新しい位置に歯が安定するまでリテーナーという後戻りしないようにするための装置をつけます。

3.定期健診

リテーナーが外れても年に1~2回は定期検診を受けましょう。
歯並びやかみ合わせを維持するため、できれば夜だけでもリテーナーを使用することをお勧めします。

矯正治療の最終ゴールは歯並びを綺麗にするだけではありません。
生活の豊かさを提供することこそ矯正治療の最終目標です。

PAGETOP
Copyright © 坂詰歯科医院 All Rights Reserved.