お口と全身の健康の良き相談相手としての「かかりつけ歯科医」を目指し、 安心して納得できる患者さん中心の歯科医療を行っています。
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • レーザー光線

タグ : レーザー光線

レーザー光を使った虫歯検査

ダイアグノデントとは?

ダイアグノデント

歯質に当てたレーザー光の反射を解析し、数値と音色に置き換えることにより、歯質の変化を高精度で解読。視診・触診やX線などによる診断よりも高い確率で歯質変化を発見します。

特に見つけるのが困難とされる隠れ虫歯の診断に有効で、虫歯リスクを考慮しながら予防(再石灰化など)や処置・管理(最小限の切削)を行うことができます。

レーザー光線が極小の到達経路を通って反射

探針(歯医者さんで使う針のような器具)による触診を行う場合、通常しずく形状の裂溝の探査は困難。

また、歯面を破壊し、再石灰化を妨げる可能性が高いといわれています。(左図参)

レーザー光線が極小の到達経路を通って反射するため、裂溝域(歯の小さな溝)でも正確な蛍光測定が可能。もちろん歯面は痛めません。(右図参)

PAGETOP
Copyright © 坂詰歯科医院 All Rights Reserved.